関係人口から釜川を考える カマガワクリエイティブスクール 第1回レクチャーイベント

 

釜川では、近年アーティストやデザイナーなど多くのクリエイターが活動しています。

カマガワクリエイティブスクールでは、 釜川が学びと交流の場となる事を目指し、

まちづくりの第一線で活躍する講師を招くとともに、釜川の様々な文化に触れ、

捉え直すきっかけとなるようなイベントを企画しました。

 

第一回では、ソトコトの編集長である指出一正氏をお招きし、

氏が提唱する「関係人口」について最新の事例とともにご紹介いただき、

生活する人、商いする人、散歩する人、働く人、観光する人など、

多くの人々が関係性を持つ釜川について考えたいと思います。

 

■日時

2019年8月17日(土)

イベント:18:00-20:00

懇親会 :20:00-

 

■会場

ビルトザリガニ

(栃木県宇都宮市中央5-1-2 ゴールドコレクションビル4F )

 

■講師

指出一正氏(ソトコト編集長)

1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、

『Rod and Reel』編集長を経て、ソトコト編集長に。

「関係人口」という言葉の発案者であり、日本各地のまちづくりに関わる。

 

 

■参加費

一般3,000円、学生1,000円

 

 

■申込

名前、参加人数、電話番号をkama9ri@gmail.comにまでご連絡ください。

(定員40名程度、先着順)

 

 

■問合せ

kama9ri@gmail.com

twitter:@KAMAGAWA _POCKET

HP:http://kamagawapocket.com/

 

■主催

釜川から育む会

 

■協力

ビルトザリガニ

KAMAGAWA POCKET

 

■後援

宇都宮市

宇都宮まちづくり推進機構

下野新聞

 

■協賛

総合資格学院

株式会社建築資料研究社

 

※本事業は栃木県文化振興基金助成事業の一環です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です